USB3.0とUSB2.0って何が違うの?互換性はある?

USBには幾つかの規格があり、頻繁に登場するのが2.0と3.0です。
それぞれ何が違うのか、互換性があるのかなど見て行きましょう。

・USB3.0とUSB2.0の違いは速度
どちらもUSB規格なので見た目の形は殆ど同じですが、大きく違うのは転送速度です。USB2.0の速度は480Mbpsですが、USB3.0は5Gbpsとなり約10倍以上の速さになります。この転送速度とはUSBとパソコンの相互でデータをやり取りする際の速度で、ファイルのコピーなどが高速になります。

・見た目も若干違う
規格は同じなのでUSB2.0も3.0もどちらも端子の基本的な形状は変わりません。
しかし見た目で違うのがUSB3.0のほうが端子の下半分が青くなっており、挿しこむパソコン側のポートも端子が青くなっています。2.0は色がついていないか黒くなっており、色で違いが分かります。

・互換性は下位互換あり
例えばUSB3.0のUSBメモリをUSB2.0のポートに差し込んでも、使用可能ですが
転送速度の上限はUSB2.0の480Mbpsとなります。
逆にUSB2.0のUSBメモリをUSB3.0のポートに差し込んでも、使用可能ですが
同じく速度上限は480Mbpsです。

USB3.0の高速転送速度を実現するためには、周辺機器が3.0に対応していることと
パソコンなどのUSBポートが3.0でなければいけません。
双方が3.0規格になっている場合のみ、5Gbpsの高速転送が実現します。
ちなみにUSB1.0も同じで2.0、3.0からの下位互換となり、転送速度の制約は
1.0に準ずることになります。

「プリンターがきれいに印刷できない」原因と対処法

プリンターは常にきれいに印刷できる場合のほうが少ないかもしれません。
何となくかすれていたり、うっすらと線が入ったりすることがあります。
きれいに印刷できないということは、用紙に対してインクが正しく出ていないか
出ていてもそれを上手く管理できていない可能性があります。

インクを用紙に出しているのはノズルと呼ばれる部分で、ここはインクが
最も詰まりしやすい場所で、詰まってしまうと正しい量のインクを用紙に対して
噴出させることができません。
そんな場合は以下の方法で目詰まりを解消してください。

・ヘッドクリーニング
ノズル部分を物理的に綺麗にする方法です。
プリンターの機能によってクリーニングする方法もありますが、
それで解決しない場合は自分で掃除しなければなりません。
インクを全て外して、ノズルの先端部分をブラシや布などを使って掃除しましょう。
ブラシはできるだけ毛の柔らかいものを選んでください。

インクが固着している場合は、水やお湯を含ませた布や綿棒で掃除しますが、
ノズルに付着した水分はしっかりと拭き取りましょう。
また、外したインクを数時間放置することでも、インクが正常に溶けて
キレイに印刷できることがありますので合わせて行いましょう。

次に印刷は上手く行っているのに、排紙される過程で詰まったり
擦れたりしてしまうトラブルへの対処です。

・クリーニングペーパーでローラーを掃除
排紙が上手く行かない原因は、紙を排出するローラーにゴミやインクが付着し、
それが紙と触れることで線が入ったり紙詰まりの原因となります。
クリーニングペーパーが市販されているので、これを使ってローラーを
記載に掃除しましょう。