海外メーカーのパソコンって国内メーカーのよりも壊れやすいの?

海外メーカーのパソコンと国内メーカーのパソコンを見比べた時に
値段の差に驚くことが多いと思います。

世の中の大半のものは安い=品質が劣るもの、と考えられます。
高いものには高いだけの品質の良さがあり
安いものには理由があると思う方が多いでしょう。

このため、海外メーカーの値段を見ると品質が悪いのではないか?
国内メーカーに比べて頑丈さが足りないのではないか?
すぐに壊れてしまうのではないか?
と、不安になるかもしれません。
この不安は本当に正しいのでしょうか?

■海外メーカー=品質が劣るは間違い!
海外メーカーだから品質が国内のものに比べて劣るというのは間違いです。
純粋にパソコンとしてのスペックを比較すれば
海外メーカーだから、国内メーカーだからということは言えません。

海外メーカーのパソコンが国内メーカーのパソコンに比べて安いのは
サポートが最低限に限られることや、デフォルトでインストールされている
ソフトウェアなどの違いがあるからです。
単純に丈夫さが足りないといった品質の悪さに値段の違いがあるわけではありません。

■丈夫な海外メーカーもある
丈夫なパソコンとして知られるのが海外メーカーであるLenovoのパソコンです。
必要最低限のシンプルさが売りのパソコンで、その丈夫さから
ビジネスに利用されることが多いメーカーです。
耐久性が非常に高く作られています。
完全な初心者にはサポートがあまりないので不向きではありますが
多少パソコンに慣れている方であれば問題ありません。

■不安な方は国内メーカーのものを
お子様にパソコンを買うといったように、特にパソコンに丈夫さを求める場合には
国内メーカーを買うのが安心でしょう。
なぜなら国内メーカーの方が故障した際のサポートなどが手厚く
トラブルが起きたときの対処がしやすいからです。
不安な場合には手堅く国内老舗メーカーのものが良いでしょう。

デスクトップPCでマウスが動かなくなったときの対処法

マウスが突然動かなくなってしまったときには
どんな原因が考えられるのでしょうか?
今回はマウスが動かなくなってしまったときの対処法についてご紹介します。

■無線マウスの場合
・スイッチを確認する
マウス本体のスイッチが何らかの原因でOFFになっていることが考えられます。
マウスを裏返してスイッチのON/OFFを確認してください。

・電池を交換する/充電をする
一見ランプが点灯していて電池が残っているように見えても
電池の残量が少なくなり動かなくなっている可能性があります・
電池を取り替える、または充電式のものは充電をしてみましょう。

・受信機を抜き差ししてみる
上記を試しても改善されない場合、受信機に不具合が起きていることが考えられます。
受信機を取り外して、接続し直してみましょう。

・受信機の接続場所を変えてみる
受信機を接続しているポートに問題があることも考えられます。
受信機を別のポートに指し直してみましょう。
マウスが動けば、問題はポート側にあることになります。

■有線マウスの場合
・コードを抜き差ししてみる
有線マウスの場合、コードが抜けている、抜けかかっているということが考えられます。
一度抜いて正しく接続し直してみましょう。

・別のポートに挿してみる
無線マウスの場合と同じです。
ポートに問題がないか確認しましょう。

■光学式マウスの場合
・マウスを操作している場所を確認する
光学マウスは光の反射で動きを検知しています。
光が反射されにくい場所で使うとマウスの反応が悪くなる場合があります。
いつもと違う場所で操作した場合、別の場所で操作してみましょう。

・ゴミをチェック
光が出る部分に汚れが生じていると、反射が正しい位置に戻らずに
動かなくなることがあります。

■買い換えよう
マウスはおよそ1,000~3,000円程度で購入できる消耗品です。
寿命は1年~3年程度と考え、動きが悪くなった場合には
潔く買い換えることも必要です。