HDDは無駄だらけ

ハードディスクドライブ(HDD)は大容量化が進んでいるため、
現在では簡単に容量不足ということにはなりにくいかもしれません。
しかし、大容量化するということは扱うファイルの容量も大きくなっていくものです。
それにHDDというのはファイルを格納するために容量を開けておくわけではなく、
パソコンの動作を安定させるために必要な領域でもあるのです。
HDDにはユーザーが気が付かないところに無駄なファイルが
大量に格納されているものである。
それらを掃除(削除)することによって空き容量は簡単に増やすことが出来ます。
また、削除するのではなくDVDなどの外部記憶媒体に保存したり、
外付けのHDDに移すなどすれば容量の確保は容易に行えるのです。

フォルダの見易さも考慮しよう

ファイルを操作するときは、対象となるファイルが格納されているフォルダを
開いてから操作を開始するのが一般的ですが、
エクスプローラを使用してファイル閲覧しているか、マイコンピュータを使っているか
というのも効率化の面で変わってきます。
お勧めはエクスプローラを使うことです。
何故ならば、ファイルの格納されているフォルダが階層別に表示されるためで、
自分がどこのフォルダを表示しているかが視覚的に確認可能なのです。
また、フォルダ内にあるファイルは詳細表示にするべきです。
並べて表示のようにしているとファイルが縦横に並んでしまい、
こちらも視覚的に内容を把握しづらくなるからです。
詳細表示にすれば縦一列にならぶため確認が容易になるのです。