エプソンのインクジェットプリンター「エコタンク方式」って何?

エプソンが発売したインクジェットプリンターの最新機種は。
「エコタンク方式」を採用したモデルとなっています。
「エコタンク方式」って何だろ?何が違うの?と気になっている人も多いでしょう。
そこで従来のインクカートリッジ方式と何が違うのか見てみましょう。

■エコタンクはインク交換が不要

エコタンクはプリンターの横の部分に、インクを装填できる大容量の
インクタンクが設置されています。
そのインクタンク部分にインクを補充しておくことで、インクの交換を必要とせず
省エネでインクを使用してくれる方式です。

■エコタンクはインクコストを低減できる

インクカートリッジ方式では、すぐにインクが切れてしまい交換のために
新しいカートリッジの購入が必要になっていました。
使用頻度にもよりますが、数ヶ月でどこかのインクが切れるのは当たり前の状態で
インク交換にかかるランニングコストは相当なものです。

それに比べてエコタンク方式はインクを節約しながら印刷してくれることと、
カートリッジ方式ではないのでインクそのものを交換する必要がなく、
補充すると言う形式です。
しかもかなりの省エネなので、インクの補充も1年に1回といったところでしょうか。

■印刷量が増えてもコストは大幅削減

エコタンク方式になると、今まではインクが減るのを気にして躊躇していた
テスト印刷なども気兼ねなく行えます。
トータルの印刷量が増えても、インクを無駄にすることがないので低コストが実現できます。
また、インク補充も手間はかかりませんし、インク残量がすぐわかるのもエコタンクの特徴です。

パソコン・スマホのやりすぎを防止する方法

パソコンやスマホはついつい時間があるとやりすぎてしまいますが、
あまり使わないような生活を送るべきだという人もいます。
何故かというと、健康面での影響はもちろんですし貴重な時間を
パソコンやスマホに費やすことにデメリットがあるからです。

つまり、不必要なことに時間をかけて本来やるべきことへ時間をかけないことで、
生活の質が落ちてしまうという懸念です。
では、どうすれば「やりすぎ」を防止できるのか見てみましょう。

■時間制限をする
1日のうち何時間までという制限を自分で決めてしまうことです。
どうしてもダラダラと見なくても良い情報を見てしまうのは、
時間的に余裕があるからです。
その時間的余裕をそのままにするのではなく、制限をかける方法です。

■デジタル機器から離れる
意識的にデジタル機器から離れるようにしましょう。
例えば午前中はインターネットに接続しないという制限をかけたり、
週に1日はスマホもパソコンも使わない日を設定すると言う方法です。
スマホに依存している人は、いきなり制限をかけるのは難しいかもしれないので
可能なレベルでやってみましょう。
何もしないより、何かしていかないと変わりません。

■リアルを優先する
どうしても家にいるとスマホやパソコンをしてしまうので、
外に出かける頻度を高めるような生活に変えていきましょう。
ネットの情報をいくら目で追いかけても、それはあくまでも情報に過ぎず
人生においては付属的な意味合いでしかありません。

いつの間にか、それが主目的になってしまっていることが問題です。
何のためのインターネットか、何のためのスマホかを見直していけば、
自然と使用時間は少なくなっていくでしょう。
変わりにリアルの時間が優先されるようになります。