USBのタイプ。a、b、cで何が違うの?

パソコンやスマホなどの精密機器同士を繋げるケーブルで、
最も多く使われているのがUSBです。
そのUSBは規格別にコネクタ部分の形状や転送速度などに違いがあります。
USBのタイプにはa,b,cの3つあるため、それぞれの違いについて見てみましょう。
ここではUSB 3.0以降を対象にしています。

■USB 3.0 Type A
一般的に一番多く使われているUSBの形状で、USB 2.0 および1.1との下位互換があります。
転送速度はUSB 2.0の10倍となる5Gbpsです。
以前のUSBと区別するため、内部の樹脂部分が青くなっている製品が多いです。
下位互換があるので便利に使える反面、速度は下位互換のバージョンに依存するので
転送速度を最大限活かすことができないケースもあります。

■USB 3.0 Type B
プリンターや外付けHDDなどのデバイス側のインプット用として採用されることが多く、
USB 2.0 TypeBとはコネクタの形状が異なるので互換性はありません。
USB 3.0 Type Aほど見かけることはありませんが、下位互換がないというのは
規格として残念な部分ではあります。

■USB 3.1 Type C
USB 3.1 Type CはUSB 2.0にはなかったTypeになります。
スマホやマックブックなどを中心にして搭載する機器が増えており、
最大転送速度はUSB 3.0 Type Aの2倍になる10Gbpsで、ゲーブル転送速度としては
最速となっています。
コネクタの特徴として上下の区別がないリバーシブルとなっているので、
挿しこむ方向を意識することなく使うことができます。

USB3.0とUSB2.0って何が違うの?互換性はある?

USBには幾つかの規格があり、頻繁に登場するのが2.0と3.0です。
それぞれ何が違うのか、互換性があるのかなど見て行きましょう。

・USB3.0とUSB2.0の違いは速度
どちらもUSB規格なので見た目の形は殆ど同じですが、大きく違うのは転送速度です。USB2.0の速度は480Mbpsですが、USB3.0は5Gbpsとなり約10倍以上の速さになります。この転送速度とはUSBとパソコンの相互でデータをやり取りする際の速度で、ファイルのコピーなどが高速になります。

・見た目も若干違う
規格は同じなのでUSB2.0も3.0もどちらも端子の基本的な形状は変わりません。
しかし見た目で違うのがUSB3.0のほうが端子の下半分が青くなっており、挿しこむパソコン側のポートも端子が青くなっています。2.0は色がついていないか黒くなっており、色で違いが分かります。

・互換性は下位互換あり
例えばUSB3.0のUSBメモリをUSB2.0のポートに差し込んでも、使用可能ですが
転送速度の上限はUSB2.0の480Mbpsとなります。
逆にUSB2.0のUSBメモリをUSB3.0のポートに差し込んでも、使用可能ですが
同じく速度上限は480Mbpsです。

USB3.0の高速転送速度を実現するためには、周辺機器が3.0に対応していることと
パソコンなどのUSBポートが3.0でなければいけません。
双方が3.0規格になっている場合のみ、5Gbpsの高速転送が実現します。
ちなみにUSB1.0も同じで2.0、3.0からの下位互換となり、転送速度の制約は
1.0に準ずることになります。